研究

本気の人と研究について議論するのはとても楽しい 未分類

本気の人と研究について議論するのはとても楽しい

他の人の研究について聞く場合は共感するときもある。とても楽しいし、意見交換する時間は有意義だと思う。しかし一方で、あまり面白いと思わない研究も世の中には存在する。研究生活を送る中で最も無駄だと思う時間は他人の研究に口を出すときだと思う。これは僕自身が集中できていないからかもしれない。 研究において議…
科学とインフルエンサーの融合の重要性: 科学的根拠のある大切な事実を一般に伝える 未分類

科学とインフルエンサーの融合の重要性: 科学的根拠のある大切な事実を一般に伝える

ネイチャー誌が衝撃的な発表をした。それは、「今年の10人」に、地球温暖化対策の強化を求めるスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさんを選んだことである。 https://www.youtube.com/watch?v=_y8JNG7S0bo この発表を聞いて、科学社会がインフルエンサーを起用し…
もっと自由な研究ができるといいなーと思うこと 未分類

もっと自由な研究ができるといいなーと思うこと

前回は、研究環境の愚痴について書いたけど、今回は僕の中で理想的な環境について考えてみた。やっぱり、研究は自分の興味のあることをやることに尽きると思う。自分の考えに嘘をついて書いたり、発言すると心が腐ってしまうから。 理想的な活動については2つに分かれると思う。その一つは、本当に人の役に立つ研究であっ…
実用化に近い研究と国の方針への愚痴 未分類

実用化に近い研究と国の方針への愚痴

研究生活はストレスが溜まることが多い。なぜなら、自分の思っていることができないから更には、自分自身に嘘をついているから苦しいのだと思う。 研究体制に対する愚痴今の研究の息苦しさは応用研究に対するために、研究予算を獲得するために虚勢をはる必要があるということ。国の方針としては実用に近い研究を推し進めて…
初めての授業で微生物の代謝の制御とその応用について話した 研究

初めての授業で微生物の代謝の制御とその応用について話した

ボスから連絡があり、東大の生体機械システムの授業を1回うけもつ機会を頂いた。これが僕の初めての大学授業体験となる。ボスから下されたお題はバクテリアと機械の応用に関してです。そして、100分の授業に対しておよそ20分ほど実験をしないとだめみたい。学生はおよそ50人ぐらい。 僕が初めての授業で取り上げた…
匂い研究の最前線とそのグループ紹介 未分類

匂い研究の最前線とそのグループ紹介

我々の嗅覚に関する研究は聴覚、触覚、視覚、味覚などの研究分野と比べると、わからなことがたくさんあります。私達の鼻にはおよそ390種類もの嗅覚受容体があり、そのほとんどの役割がわかっていないからだと思います。一つの嗅覚受容体をとっても、一つの分子にのみに応答するというわけではなく、複数の分子に対して応…
イノベーションを起こすまでの道のり険しい山道の案内人とそれを登る者 未分類

イノベーションを起こすまでの道のり険しい山道の案内人とそれを登る者

最近、研究開発プロジェクトの終盤に差し掛かっています。あと、もう少しでできそう。でも、とても辛いという感じの段階になっています。 研究は登山に似ているところがあると思います。基本的にうまく行かないことが多いし、多くの場合は失敗します。ただ、実験における失敗は決して悪いことではないと思います。 エジソ…