いま起こっている社会問題を勉強するにはウエストゲートパークがおすすめ:絶望スクール 動物虐待や引きこもり、貧しい外国人留学生の話

久しぶりに石田衣良さんのウエストゲートパークを読んだ。
ウエストゲートパークはシリーズもので、2020年に16シリーズ目を迎えたようだ。
僕が読んだのは、15シリーズの『絶望スクール』

ウエストゲートパークの主人公は果物屋をしているトラブルシューターであり、今日本で起こっている社会問題を爽快に解決してくれる。

今回の話題は、動物虐待動画の話や引きこもり問題、貧しい外国人留学生の話。
ネタバレは良くないと思うので、ここで取り上げられている社会問題についてまとめてみた。

動物虐待動画を撮影する人々
Youtubeなどの発展で個人が簡単にモラルのない過激な動画や写真をネットの海に流すことができるようになっている。
このような動画がアップロードされる理由の一つは、”いいね”などの評価や再生数を見れることで自己承認欲求を簡単に満たすことができることが考えられる。
どこかの記事で、SNSの中毒は実際に他人からの反応によりホルモンなどの分子が分泌されて、脳内麻薬のように働くことが原因と書かれていた。


動物虐待の法的な犯罪は器物損壊罪というとても軽微な罪として扱われるのでとてもたちが悪い。
というか、モノ扱いするのはちょっと違うよね。

動物虐待とは少し話は変わるけど、ペットショップとかブリーダーとか生き物の命をビジネスにするのはどうかと思う。一番重要なのは、ペットを飼う側の人間のモラルなのだろう。そして、古い法的な枠組みを作り直すともう少しマシになると思う。


引きこもり問題
引きこもりやニートは大昔から存在していたらしいし、現在の特別な社会問題ではない。
別の見方をすると、これまで解決できていない大昔からある社会問題だ。

国などの行政が踏み込めないのは、方針として家庭の事情に踏み込まないようにするというのがあるらしい。
この方針は、引きこもりだけじゃなくて虐待とかにも当てはまるそうだ。

内閣府の調べだと、満40歳から満64歳までのひきこもりの出現率は1.45%で、推計数は61.3万人になるらしい。
つまり、人口の1%以上のひとが引きこもりになるという事。
引きこもりは年々も、下手すれば死ぬまで家から出ない場合もあるようだ。
親は子供たちのために一生働き、死ぬまで心配する。
自分たちが死んだあとは、子供たちはどうなるのか心配する。

税収の観点からすると、少しでも自立して働くと国としてはメリットはあるのだろう。
だから、行政機関が自立支援を勧めているのかもしれない。

ただ、引きこもりの人々からすると外の世界は怖いだろう。
実際に人間というのは残酷な人も多いし、いじめは大人の社会でも存在する。
能力も容姿も努力でどうすることもできない場合もあるだろう。
だから、引きこもりの人の気持ちもよく分かる。ある意味では働いたら負けというのも少しわかるのだ。

本で取り上げられていのは、引きこもりの自立支援を国の機関でなく民間に任せた場合のトラブルだった。
営利目的である民間が介入すると引きこもりの家庭からお金を巻き上げるシステムができてしまう。
特に、新興宗教や変な情報商材が引きこもりの子供をもつ両親の心を掴み、カモにする。

やっぱり、こういうのは国が対応する課題だと思う。
一人でも引きこもりが減れば、所得税を払ってもらえばかなりもとが取れるのだし。

貧しい外国人留学生の話
日本は少子高齢化で私立の学校は競争に追われている。
でも、外国人留学生の人数はうなぎのぼり。(今はコロナで減っているが。。。)

裕福な外国人で優秀な人々は、日本を選ぶことはなく、アメリカに行くだろう。
貧しい国から、日本にわざわざ来る留学生はお金がない場合がある。
借金をして来ている学生もいるのだろう。
その場合は、日本でアルバイトなどして自分たちがお金を稼がないと行けない。
実際に、貧しい国から給与が高い日本でアルバイトをするために来ている学生もいるだろう。
アルバイトをして、実家に仕送りするのも珍しくない。

ただ、留学生として働ける時間は法律で決まっている。
週に28時間までしか働くことができない。
28時間というのはとても短いよね。
学費とか日本での生活費を考えると、28時間の労働時間は短すぎるだろう。
だから、貧しい学生は法律を犯した28時間以上のオーバーワークになる場合がある。
見つかると自国に強制送還になるだろう。

悪質なのは、そういった弱者の留学生をカモにして、脅しながら低賃金で働かせる企業が存在するということ。
どんどん首根っこを掴まれ、奴隷のような生活になってしまうのだ。

都心のコンビニは外国人が多く、安くとても便利になっている。
ただ、このような搾取構造を知って置くことは重要に思える。

少子高齢化で労働人口が減っている日本には、外国人労働者を受け入れるしかないと思う。
僕個人の意見だけど、オーバーワークの法律は外国人留学生の首を締めている気がするのだ。
多分、はじめは弱者を守る法律だったのだろうけど、搾取する構造ができてしまっている。
底辺から這い上がるには、苦労は必須になるだろうけど、その這い上がる道を法律が塞いでいるように思える。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。