また科研費の時期が到来:今年は訳2ヶ月ほど応募時期が早まって夏休みがない

もう科研費の時期が到来してしまった。
今年は科研費申請に大きな変化があり、なんと2ヶ月も申請書の締切が前倒しになったのだ。
前年度までは、科研費の結果が4月に決まっていたのだが、申請過程を前倒しにすることで業務の効率化を図ったらしい。

この業務の効率化というのは、主に人の雇用である。
前年度までは4月、つまり、博士課程の学生がすでに就職先を決めて進路が決まった時期に予算が割り当てられていた。予算を国から頂き、その後に研究員やアシスタントを見つけて雇用する必要があり、業務上のムダが存在したのだ。

今年から、申請の時期を早めることで、学生・転職希望者をリクルートして4月から新しい研究プロジェクトを開始することができるようになる。
今年は、新しいシステムの導入で色々とトラブルが発生するかもしれないけど、来年度ぐらいからは落ち着き効率化が実現されるだろう。

個人的には、夏休みがなくなってしまうように思うのだが、これは僕だけだろうか??

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。