コロナ自粛後の研究スタート:久しぶりのブログ更新

久しぶりのブログの更新だ。コロナショックの中で人々の心が荒んでいるので、無駄に刺激を加えないために情報発信を自粛していた。最近の僕の変化は、母校の大学に職場を移したことである。もちろん大学はコロナのせいでほとんど実験が停止されており、問題が山積みである。個人的にはコロナショックは大学にとってはとてもいい機会だったと思っている。なぜなら、古い大学のシステムが大きく変わりネットを利用した授業が始まったからだ。Before コロナでは大学教育の意味を感じなくなっていた。その理由はYoutubeなどのネット配信が大学の授業ととって変わる可能性があったからだ。大学を変えるのは普通の状態では難しいが、コロナのおかげで大きな変化が起こりYoutubeなどのネット媒体を持つことが可能になった。また、大学内での書類処理に関しても多くな変化が起こり、無駄な作業が減っていく可能性がある。例えば、東北大では学内の押印作業を廃止して大きな作業効率化が実現できたようだ。
さらに、コロナの影響は自粛期間で多忙な教員に立ち止まって考える時間を与えたことだと思う。(もちろん個人的な意見で、すべてのケースに当てはまることはない)
大学では最先端の科学・工学を教える必要がある。しかし、昨今では科学の進歩がとても早く最先端がすぐに変わるのだ。そのため、新しい知識を吸収するための学習時間が必要であり、教員はその時間を確保することができていなかったと思う。今回のコロナショックで学生だけでなく研究者も自分自身が学び成長する大切さを再認識したのではないだろうか。

久しぶりに大学に戻ってきた僕にとっても、コロナはいい準備運動になったと思う。

コメントを残す