在宅勤務のために準備したもの:効率的に家で仕事をすすめるためのグッズ

コロナが世間を騒がしている中で首都圏では在宅勤務が推奨されている。
個人的な意見だが、コロナウイルスの唯一のメリットは古い体制を一新できるチャンスであり、今回推奨されている在宅勤務は長時間労働及びそれに伴う過労を抑制できると思っている。世の中には効率を落として、無駄に長時間オフィスにいてつかれることを美徳としている社員も多いのではないだろうか。今回のコロナショックのように社会を強制的にテレワークに移行させる異例であり、コロナが収束したあとでも効力を発揮すると期待している。

僕は在宅勤務に向けて揃えたのは優れたネット環境、デュアルディスプレイ、大きな机だ
僕のパソコンはimacを使っていて十分モニターが大きいのだが、それでも2台めのデュアルディスプレイは強力なアイテムだ、
優れたネット環境はスカイプやzoomなどを利用したテレビ会議で話している相手に迷惑をかけないために必須だと思う。これを機に格安シムから使い放題の高速光通信に移行した。
そして、今回新しい試みを行ったのはデスクだ。
今回新調したデスクは大きいだけでなく、椅子を必要としないスタンディングデスクを選んだ。

スタンディングデスクにした理由は、座り続けることは体に悪く長時間の作業では効率が低下するからだ。長年のデスクワークのせいで腰痛がひどい。
スタンディングデスクのもう一つのメリットは、運動不足を解消できるということ(僅かな効果みたいだけどね)。椅子に座るのと違い自由度が高くて体を動かしやすいので肩こりには効果的だ。ただ、もちろん立ちっぱなしも体に悪いと言われている
個人的な意見としては立って仕事をしたり、座って仕事をしたりと色々と体の体勢を変化させることが大切だと考えている。つまり、自分自身の体の声を聞きながら作業をすすめることが大切だ。
僕の場合、スタンディングデスクを作業をして疲れたときには、Macbookを使いヨギボーにまたがりながら作業をすることにしている。データはドロップボックスにまとめてどこからでもアクセスOKの状態だ。

在宅勤務を体験し感じたことは割と仕事の効率がいいことだ。
もちろん在宅勤務を開始した始めは眠気に襲われて、効率が悪い時期もあった。慣れて仕事のリズムをつかめると割とに集中できる。
もちろん自分の心に負けて、サボってしまう危険性もある。
サボらないコツは、仕事仲間と密にコミュニケーションを取りながら進捗を報告することだと思う。
今回のコロナ騒動で在宅勤務が広まるといいと思う。
在宅勤務は日本が抱える少子高齢化社会、子育て問題、過労などに一石を投じる大きな変化となりうるので、ぜひ日本中に広まって欲しいと思う。

コメントを残す