本気の人と研究について議論するのはとても楽しい:良い研究をするには他分野の研究者と議論することが大切

異なる研究分野の人と話す機会がある。
もちろん専門用語が違うし、考え方が違うから会話が難しい場合もあるが、多くの場合は有意義で楽しいし時間を過ごす事ができる。
特に研究の視点が違うし、分野違う人の意見を取り入れると良い研究ができる時がある。
これは境界領域と言われる2つ以上の分野の空白領域を扱う研究となり、誰も目につけることがなかったアイデアに結びつくことが多い。

このように異分野の人が集まって議論することはとても大切だ。
偉大な研究者、例えばDNAのらせん構造を見つけ出したクリックとワトソンなどの偉大な研究者は議論と対話が大切だと言っている。
DNAのらせん構造を明らかにするためには彼らは議論できるパートナーだったそうだ。

もちろん、研究の価値観で反りが合わないときもある。
研究者は研究をするのが仕事であり、研究が収入源である。
そのため、それぞれの立場におけるポジショントークもあったりするので、フェアな視点で見ることができない人もいると思う。
こういう場合は、あまり真面目に考え議論する必要はないと思う。
きちんと議論できる相手を選ぶ必要があるの。

価値観が合わない研究に関しても、その研究に真摯に向き合っている人の場合は尊敬できる。
意見が違っても必ずしも自分が正しいとは思わず、自分自身に批判的な目を向ける意識は重要だろう。
研究を発展させるには多様性が大切だろうし、科学コミュニティを発展させる上で議論は欠かせない。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。