当たり前だけど、一生に2月は有限回数で限られている。

もう二月も中旬だ。新しい出会いと別れがある三月が訪れようとしている。ふと思ったんだけど、人生100年あったとして当たり前だけど2月は100回ほどしかないのだ。

こう思うとなんか切ないし、季節を楽しんで1日1日を大切にしたいと思える。たまに、うまくいかない日もあるし、元気の出ない日がある。だけど、一番大切なのは良くない日でも落ち込まずに過ごすことだと思う。昔は寝る前に1日を振り返り、後悔して寝れない時があった。もっと巨視的に見ると後悔して寝れない時間が最も不毛だし、無意味な時間の使い方だと思う。

また、昔は嫉妬したり、意見の合わない人に対して腹を立てた時もあったけど今思い返してみると暇な時間を持て余していたのだと思う。

なんか今日はセンチメンタルで、ナルシストな文章になってしまったけど毎日楽しめたらいいな。

コメントを残す