沈黙は共犯:コンゴ東部で起こる紛争とレイプを止めるために、大企業は新たなブランディングをすすめるべきである

ノーベル平和賞受賞したデニ・ムクウェゲの話をテレビで聞いた。
さすが、ノーベル平和賞を受賞した人物だけあって力強くて、説得力のある話だった。コンゴで行われているレイプの内容は、ほとんど虐殺に近く、昼食を食べていた僕は耳を塞ぎたくなる内容だった。

(NHKより)

婦人科医デニ・ムクウェゲが暮らすコンゴ東部は、スマホなどの通信機器の部品に使われるコルタンなど希少金属の利権をめぐり、武装勢力が殺戮や残虐な性暴力を繰り返しているようだ。

人々に恐怖を植え付ける手段として、レイプを行っている。
レイプといっても、私達日本人が考える性犯罪とは違い、生まれて数ヶ月の子供を犯して殺したり、性器にガラスの破片を入れたりする。
そのため、コンゴで行われているレイプは性欲とは全くかけ離れた動機があり、人々を怖がらせ、家族を破壊させ、恐怖による服従を強いることを目的としているのだ。

アフリカで起こる虐殺や紛争はよく映画になっていてアカデミー賞も受賞している。
例えば「ブラッドダイヤモンド」や「ホテルルワンダ」などが代表作だ。

アフリカでの紛争で共通しているのは、間接的であるが確実に先進国である日本人も関わっているということである。なぜなら、我々が生活での消費活動がアフリカの武闘勢力の資金源となっており、紛争の原因が我々の消費活動に起因しているからだ。デニ ムクウェゲは「ポケットに入っているスマホには、コンゴの一部が必然的に含まれている」と表現した。つまり、電子機器を作るためにアフリカで取れるレアアースは必ず必要であり、これは我々の生活と無関係でないという。研究者をしている筆者としては、レアアースを使わない元素戦略の重要性を新しい側面から気づかされた。

デニ ムクウェゲの話しで一番興味深かったのは、アフリカで起こる紛争を止めるための政策だ。それは、どこで採れたレアアースかを企業が把握して、それを消費者に伝える方法だ。正しいルートでレアアースを手に入れた場合は、数千円程度値段が高くなるかもしれないが、必ず好き好んで買う人がいるはずである。これは一種のブランディング戦略となり、将来的に大きな利益を生むはずである。正規のルート経由の商品にはカッコいいロゴでも入れればいい。早くアップルやソニー、サムソンなどの大企業が率先し、レアアースブランディングを進めて、アフリカから紛争が無くなればいいと思う。

広告

One comment

コメントを残す