英語がかけないから論文が書けない?それとも論文が書けないから英語がかけない?

最近、新しく論文を書いている。
今年中に投稿する予定であるが、なかなか進まない。
その理由の一つとして、英語という大きな壁があるように思う。
実際に、英語を母国語としない日本人にとっては、英語論文を読むのも、英語論文を書くのも大変だ。

英語になると単純な言い回しすら、すぐに思いつかないことがある。
その時はダブルクォーテーション””を使い、その言葉がどれだけ使われるかをGoogleで調べ、表現として正しいかを判定する。

幸い、論文の表現の多くは似ている箇所もあるので、他の人が書いた論文で使えそうな箇所はマーカーを入れ、それを真似て書くこともある。
僕は中学校から大学、今に至るまでずっと英語と触れ、勉強しているけど残念ながら、自由に操れるレベルには達せていない。
英語ができれば、仕事は早く終わるだろうなーといつも思うのだ。
日本人の労働時間は欧米レベルに短くなるはずだ。

幸いなことに、今の時代はインターネットがあり、さらに、英語翻訳サイトではその制度が日々向上している。
まだ、十分ではないが、英語翻訳はそれなりに使えるし、明らかにおかしい箇所は自分で直せる。
英語の文章を書くときにおすすめなサイトがGrammarlyであり、英語の間違いなどを訂正してくれる。とても重宝している英語校正サイトである。

僕は大学の時に日本を出るために英語を勉強した。
でも、頑張ってもそれほど英語は伸びなかった。
耳で聞き取ることもできないし、英語の発音も出せない。
英語はどこか体育と似ていて、体を使った競技のようなものだ。
英語はできる人はできるし、不得意な人は伸びにくい。
まあ、研究で食べて行くには、英語は欠かすことのできない言語だから日々悪戦苦闘している。

広告

コメントを残す