MacとWindowsについて:MacBookを膝に乗せて作業するマイブーム

僕はパソコンはMacとwindowsの両方を使っている。
研究では基本的にwindowsだ。
なぜなら、Office系はMacが苦手で、Excelに関しては多くのデータを扱うときにとても時間がかかるから。
何故か知らないけど、生物系の人はMacを使っている。DNAの配列とかの大きなデータを扱うときにいいのだろうか?
あと、プログラム書いている人もMacを愛している人をたまに見かける。
知り合いは「commandキーがあるから、Macがいいんだよ」とか言ってた気がする。

まあ、世の中ではWindowsが市場を抑えているから、互換性とかみんなが使うソフトはWindowsのほうが有利だろう。
僕がMacを使う一番の理由は、iPhoneとの互換性が高いことだ。
ブログを書くことにおいては、写真をiPhnoeで撮ったあとにMac上で反映されているからとても使い勝手がいい。
また、メールのやり取りにおいても、iPhoneとの連携がやりやすいので便利だと言える。

最近発見したことは、Macのノートパソコン(Macbook)を膝にのせて動かすとすごく使い勝手がいいということ。
昔は机の上にノートパソコンを置いて、作業していたのだけど、膝の上の方がしっくり来て、キーボードを打ちやすいのだ。
これは多分、自分の好きな姿勢に動かせるのと若干体を動かしているのが原因じゃないかな。
これは、ちょっとしたマイブームだ。iMacの大きな画面でテレビを見ながら、ソファーに座りmacbookと戯れている。

広告

コメントを残す