Cheminas 学会参加 生物と技術の融合へ

今月は学会Cheminas に参加した。今回の学会は大まかに言うと微細加工を利用した化学応用に関する学会。場所は浜松のアクトシティで開かれている。

今回は20周年という特別な会であり、Cheminas を立ち上げに関わった先生方が多く話され、貴重な昔話をしてくれた。20年も昔の話だけど、すごくレベルの高い研究が行われ、世界レベルで日本を牽引していたことがよくわかった。

微細加工技術はICを始め、我々の身の回りにあるデバイス作製には欠かすことのできない技術である。今回の全体的な発表を聞くとこれからは微細加工を使い、生物分野を切り開く研究がより盛んになると思った。

何億年もの年月を経て作られた優れた生物から学ぶことは多く、その優れた機能を使い、真似る。今後は、さらに生物を一から作り、生物を超えていくのかもしれない

広告

コメントを残す