羽田国際空港は日本の窓口:日本の最先端技術はトイレだな。

学会に行くために羽田国際よく行く機会がある。いつ行っても羽田はいいと思う。レストランも美味しいし、外観もとても綺麗だ。東京オリンピックのためだろうか、最近さらに良くなっている。10月の下旬なのにすでにイルミネーションされてクリスマスの雰囲気が出ていた。

ラグビーワールドカップやバレーワールドカップ、さらには天皇即位式があり国際空港はかなり混んでいた。要人が集まるからセキュリティも強化され、保安検査も混んで時間がとてもかかる。

いつもないところに人混みを発見した。ラグビーの準決勝、イングランド vs ニュージーランドが中継されていたのだ。日本人だけでなく外国人もいた。空前のラグビーブーム、時代の変化を感じた。

空港で見つけた最新テクノロジーはトイレでのタッチパネルアンケートだった。トイレ自体に特殊なことはない。手を洗った後にあるハンドドライヤーのところ置いていた。

トイレが綺麗であるかのアンケートをタッチパネルで行っていたのだ。トイレが、きれい、ふつう、きたないの三つから選べる。技術的にとても簡単に思うかもしれないが、すごい技術だと思った。なぜなら、一種のIoTの技術の一つで、推測するにこれはただのアンケートではなく、トイレの状態を簡易的に監視できるシステムだと思う。トイレの状態を科学的に、モニタリングするのは意外に難しい。常にカメラを回して監視する方法もあるだろうけど、トイレでカメラを回し続けるのはプライベートを犯しているし、撮影した動画から清潔さを調べるのは意外に今の技術でも難しいのだ。だからセンサとかカメラとか配置するより人の目や鼻雰囲気から得られる情報を回収するのが一番正確で、簡単で、手取り早いのだ。

アンケートで得られた結果はおそらくまとめられ、モニタリングしているのだろう。これは監視に役に立つ。例えばトイレが汚れていることが分かれば、すぐに清掃員を送れるし、アンケートからどの清掃員がきちんとした仕事をしているかがわかるだろう。実際のトイレはとてもきれいで、僕はきれいに投票した。

とにかく羽田国際空港は居心地がいい。外国に旅立つ前はいつも日本食を食べる。外国で日本食が恋しくなると困るからだ。今回は坦々麺を食べた。良心的な値段でそこそこ美味しい。

最後は手荷物検査を終えた後、クレジットカード特典ラウンジで一休み。

基本的にソフトドリンクは無料であり、ソファーで寛げる。外は飛行機が飛ぶ光景が見られる。有料だけどアルコールもある。

そろそろ日本出る。楽しいことがいっぱい有ればいいな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中