忙しいと感じると効率が落ちる件について

最近、忙しいと感じる。
10月のタスクは以下になる。

  • 細胞を作る会に参加。(発表資料を作る)
  • スイスの国際学会(microTAS)の発表準備
  • 論文の査読への返答
  • 新しい論文を執筆
  • 特許の出願
  • 研究のプロジェクトを推進
  • 科研費の申請書を執筆

時間はそれなりにある。
ただ、集中することができない。
やることがたまるとストレスがかかり、動きたくなくなる。
集中できれば簡単に終わるのに、集中できないのだ。
効率的にかつクリエイティブな仕事をするためには、脳に余裕を持たせる必要があるというのが僕の体験からくる意見

もちろん、効率が落ちると労働時間がのびる。
また、忙しくなると創造性は落ちると思う。
忙しく感じるのは負のスパイラルであり、抜け出さないといけない案件だ。
これからの時代は量より質を重んじられると思うし、無意味な仕事をしていると馬鹿らしい。

自由になるために研究者になったのに、こんなに忙しく感じるのは嫌だ。
実際はさほど忙しくないのに、脳の過剰負荷により、効率が落ちて忙しく感じる。
なんと馬鹿らしい負のスパイラル。

これからは自分のメンタルに向き合い、効率的にかつ創造的に研究を進めたい。
そのために、タスクは厳選して自分に余裕をもたせたいと思う。
余裕がないと心が荒むww

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中