真夏に奥多摩の日原鍾乳洞に行く!!

レンタカーを借りて多摩川の奥の奥にある日原鍾乳洞に行きました。真夏の季節には鍾乳洞の中はきっと涼しくて居心地がいいだろうと期待していました。
日原鍾乳洞のことを調べると、バスで行くかそれとも歩いて行くかの選択肢がおすすめだそうですが、バスや歩いていくと他の観光地をめぐることができないので、今回は車という選択肢をとっています。

大まかな内容と日原鍾乳洞については動画を見てください。

スカイチケットレンタカー じゃらん特集一覧

とても細い山道で対向車が来ると道幅すれすれを運転しないといけませんでした。僕は自慢でなないですが、ペーパーゴールド免許です。でも、なんとか車をぶつけず、傷つけるとこなく目的に到着しました。駐車場のスペースが小さいため、渋滞が発生しやすいようです。そのため、お昼前に鍾乳洞に来るのがおすすめです。いつも渋滞が発生しているせいか、山道では整備員の人が車を誘導してくれます。
山頂に到着したときには雨が降っており、傘をもっていなかったので濡れてしまいました。駐車場からの鍾乳洞の入り口はおよそ100メートルぐらいですかね?走って鍾乳洞入口に向かいました。

鍾乳洞の入口がこんな感じです↑

入り口にある建物で大人800円の入場料を支払い、チケットを取得。
雨のせいかそれほど、混んでいませんでした。
洞窟の入り口に入ると

寒い!!
濡れた体で入ると凍えます。また、入り口は特に風が強くて寒いので長袖をきることをおすすめします。鍾乳洞の中は雫が落ちてきたり、壁に擦れたりするので汚れていい服を着るといいかと思います。
鍾乳洞に入った瞬間はすぐに引き返して帰ろうか考えました。でもここまで来て帰るのはもったいないですね。頑張って、小走りで中に入っていきました。結果として、奥の中は風が少ないのと登り階段があるので体を動かせたこともあり、凍え死にせずに楽しめました。

入り口を少し進むと、マップがあります。
結構複雑ですね。実際は階段などがあり、登る場所が多いく滑りやすいので、足が弱い方はおすすめできる場所ではありません。コケが生えるほど水気があります。

洞窟の中は暗いのですが、ライトがありそれなりに視界は良好です。

階段は結構きついですね。手すりはあるのですが、錆びついていいます。この錆は長年の年月を感じさせます。
鍾乳洞の中の階段は結構登りました。鍾乳洞でこんなに階段を登るのは初めてです。頂上から下を見下ろすとこんな感じ↓

それなりの高さであることがおわかりいただけたでしょうか?
また、天井知らずという場所があって、天井が高くて(暗くて??)上が見えませんでした。

階段を登った後は、降りて行かないとだめですね。
下りは特に気をつけてください。
滑るので注意という看板がありました。手すりをもってゆっくり下りましょう\(^o^)/

鍾乳洞の後半では、日原鍾乳洞でとても有名な場所に行きます。評判通りそこはライトアップされとてもきれいです。天井も高くて神秘的な空間が演出されています。

このライトアップされた階段の先には何があるのでしょうか?
答えは縁結び観音です。
やっぱり、お地蔵さんでもっとも人気があるのは縁結びなのかな?
一番いい場所を専有していました。

縁結び観音から見える景色もきれいですねー

メインを見たら、あとは帰るだけですね。
鍾乳洞に入ったときは寒かったのですが、気持ちが高揚したことと体を動かせたことで寒さを全く感じません。

無事に娑婆(しゃば)に出ることができました。
外はまだ雨が降っていました。

今回は真夏に日原鍾乳洞に行きました。
雨が降っていて、濡れた体で鍾乳洞に入ると寒いです。
雨の日は必ず傘を持参してください。そうすれば、間違いなく楽しめます。また、雨が降っていなくても年中10℃程度の気温なので比較的涼しいそうです。

********
奥多摩の日原鍾乳洞はこんな方におすすめ!
■ 夏の暑い中、避暑地を探している人
■ アウトドアが好きな人
■ 体力がある人(足腰が弱い人、老人は控えたほうがいいかも)
■ 仏像が好きな人
■ 同性で訪れると楽しいかも。(カップル少なめ)
********

じゃらんnet じゃらんnet じゃらんnet スカイチケットレンタカー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中