桑名のはまぐりラーメン 登里勝(とりかつ)

今日はランチにはまぐりラーメンを頂きました。
場所は桑名駅から徒歩約15分の場所にある登里勝(とりかつ)です。 

桑名の特産であるはまぐりを使ったスープです。桑名ははまぐりと石取祭が有名で、街の街灯をよく見ると、はまぐりと石取祭の絵が照明のガラスに描かれています。

11時30分からお店がオープンするのですが、30分前からすでに人ざかりができていて、義理の兄が予約(店の前の紙に記入)を入れてくれて、なんとか入ることができました。
開店まですこし、メニューの予習です。

地元民から聞いた話では、ここはもともと寿司屋さんだったそうで、ラーメン好きの三代目の息子さんが始めたらしいです。そのため、ラーメンの味は繊細であり、チャーシュウからメンマなどすべての具材をこだわって選んでいます。
スープの一口目で、店主がラーメンの細部までこだわっているのがよく分かる味でした。
寿司の道から学んだ魚の知識を生かして、魚介ベースのスープを作っています。
お店の中の特徴は寿司のカウンターでラーメンを食べることです。板前寿司の雰囲気が完全に残っており、普通は寿司を食べる場所でラーメンをすすることになります。

お店の看板メニューである背脂らぁ麺をオーダーしました。
金額は800円です。

背脂にも関わらず、コッテリした感じはなく後味スッキリ、胃もたれもしませんでした。
麺は腰とツヤがあり美味しかったです。
写真で見える通りチャーシューはピンク色で、食感はとても柔らかくいい感じです。

ラーメンと言えば替え玉ですが、登里勝では少し工夫を凝らしたものが提供されています。
名前は”和え玉”です。

麺とタレ、トッピングが載せてあり、これだけで完成した一品となっています。
地元民から食べ方を聞いたところ、「まず、よく混ぜて、食べること」だそうです。
単なる替え玉ではないようですね\(^o^)/
よく混ぜて、食べてみると出汁の効いたあじで、魚介粉末(たぶんカツオ)の味が効いていました。少し味わったあと、ラーメンのスープをレンゲ4杯分いれて食べました
ちょっと雑炊を食べているような気分(´・ω・`)
これにより、はじめの背脂ラーメンとは味が変わり、最後まで楽しむことができました。

地元民からおすすめしているもう一つのメニューはゆずしおラーメンです。

今は夏で期間限定で冷麺を出しているようです。
こちら女性に人気で、スープはあっさりしており、お茶のように飲んでしまうそうです。
ぜひお試しください!!

****

店舗情報
らぁめん登里勝(とりかつ)
■URL: http://www.ra-mentorikatsu.com
■所在地:〒 511-0039 三重県桑名市京町39
■TEL 0594-22-1101
■営業時間: [ランチ]11:30~14:00(L.O.)
[ディナ ー]18:00~21:00(L.O.)
※スープ切れの場合終了
ランチ営業、日曜営業
■定休日:火曜日のディナー・水曜日
■アクセス:JR・近鉄桑名駅から徒歩15分
■総席数:12席 (カウンター8席・カウンターテーブル4席)
■カード:不可
■駐車場:5台

****

ぐるなび情報

らぁめん 登里勝
ジャンル:ラーメン
アクセス:三岐鉄道北勢線西桑名駅 徒歩12分
住所:〒511-0039 三重県桑名市京町39(地図
周辺のお店のネット予約:
ベーカリーレストラン マルセイユのコース一覧
魚重楼のコース一覧
居楽屋白木屋 桑名駅前店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 桑名・いなべ×ラーメン
情報掲載日:2019年8月26日
食べログ グルメブログランキング

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中