トヨタ産業技術記念館で刺激を受けたこと エンジニアスピリット(自動車編)

こちらは繊維編の続きになります。

繊維機械館からでて移動すると大きな木が見えました。
そこでは子どもたちが走りまわて遊んでいました。
賑わっていますねー。
繊維自動館を周り終えて、十分満喫しました。
トヨタ産業技術記念館という名前は少し渋すぎる気がするので、トヨタメモリアルとかいうとっつきやすい名前にしたほうが来客があるのではないかと思ってました。でも、トヨタとしては集客より軸をぶらしたくないのでしょうかね?

記念館の大樹

少しすると自動車館の入り口に到着しました。入り口付近では最新のロボット舞台が配置されいました。
ロボットのバイオリン演奏は入り口で聞きましたが、トロンボーンやトランペットなどの金管楽器も演奏できるようです。2005年にはすでに公開ショーを行った実績があるようです。聞きたかったなー(*´ω`*)

ロボット音楽隊
ロボット隊の信念


掲示板では下記のようなことが書かれていました。

” 人間をサポートする新しい形
道具を上手に使う。
二足歩行型の楽器演奏ロボット。
人をサポートすることで
トヨタは「明るく豊かな社会」を目指します。

かっこいいですね~
僕も一人のエンジニアとして心打たれます。ロボットと人が共生できる明るい社会が実現できるといいなー

自動車館に入ると創業者の豊田佐吉の長男である豊田喜一郎の物語が始まりました。
始まりはなぜ自動車に目をつけた理由から始まりました。

■これからは自動車の時代だと気づいた喜一郎

1921年の欧米の繊維視察に行ったときに、自動車がすでに普及していることに気づいたそう。
そして、1923年に関東大震災のときには自動車が復旧のために活躍したのを見たそう。そして、自動車の心臓となる小型エンジンの開発に取り組みました。小型エンジンの開発および若手の育成のために行ったのはすでに量産されているGM社のシボレーを分解することでした。この最先端の技術を分解し細部まで理解すると言う作業は賛否両論があるかと思いますが、ものづくりにおいてとても重要な作業だと僕は思います。その理由として以下の3つが挙げられます。

  1.  現時点での自分たちと世界の技術の差を理解できる。自分たちの一を理解したい上で、どういう原理で車が動くのかを理解することは最高の教材である。
  2.  分解して教材として使ったあとに、自分たちがより良い物を作るためにはどこを改善すればいいかが見えてくる。
  3.  完成されたものを遠くから見ても、技術的に大きな遅れをとっている場合は作れる気がしないが、一つ一つのパーツに分解することで自分たちにもできると思えるようになる。例えば、分解したパーツの一つぐらいは作れるのではないかと思うようになる。パーツのひとつひとつを段階的に作れるようになれば最終的に車を作れるレベルまで到達できる。

次に進むと当時使われていた装置が置かれていました。
趣深いですね。
ちょっと掘り出し物を見つけました。

当時の金属顕微鏡 
母校の東工大が提供したそうだ

ライツ金属顕微鏡だそうです。金属表面を観察したのでしょう。顕微鏡にしてはめちゃくちゃデカイな笑。
これは母校の東工大が提供しているそうです。2類の金属工学科かな?
他にビッカース硬度計などが置いてあり、材料工学系出身の僕の心が少しくすぐられました。他に金属のかたちをつくる鋳型も置いていました。僕は無機材料工学出身なので親しみ深いです。

次に進むと車のボディーの話。
はじめ鋳型で作ろうとしたけど、難しくてできなかったそうです。

車のボディー組み立て

結局手作業で金属のフレームを作ったそうです。現在の新幹線の先端部位のフレームも手作業で作っているそうで、今でも職人技の需要が相当あるようですね。新幹線は大量生産しないから職人技で作ったほうが安上がりでしょうしね。
完成したのがこちらです。

かっこいいですね。時代を感じますね。
一つの車が出来上がったあとのありがたい言葉が残されていました。

これまでの苦労と情熱を感じる文章

これまでの苦労を感じる文章がありました。初めて車を一からつくることは文章では表現できない困難があったと思います。その困難を乗り越えるための凡人離れした情熱とチームを鼓舞するリーダーシップが喜一郎あったのでしょう。

細い道を抜けると突然大きな部屋に出ました。

車を組み立てる機械展示部屋

一番すごい機械がこちら。カッコ良すぎる(*´ω`*)

自動で車を組み立ててるし\(^o^)/
かっこいいなーかっこいいなー
車の組み立ては主に人と機械がするそうです。人は思い物を持てないので機械の力をかりて作業するそうです。機械と人のハイブリットですねー。

かっこいいだけでなく、安全もきちんとテストしているようです。

安全のために犠牲になる人形たち

この人形たちはきっと車に乗せられて、交通事故にあう運命何でしょうね。
人間の安全のためにありがとうございます。(*´ω`*)
一台一台の厳しい製品チェックを終えて出荷するそうです。
一つの車を作るのにおよそ20時間。早業ですねー

トヨタ産業技術記念館はトヨタファンだけでなく、車をそれほど好きでない人でも楽しめる場所でした。僕もそれほど車を好きでない人の一人でしたが、繊維工業から自動車づくりへと遷移する過程はとても感動的で、エンジニアの熱い想いを感じることのできる場所でした。僕も一人のエンジニアとして刺激をたくさん受けました。今の日本の学術界のレベルは世界のランキングでは下降傾向にあると思いますが、喜一郎がやったように今の世界の最先端を学び、真似して、さらなる付加価値をつけて世界での競争力をつけて行くことが大切だと思いました。

みなさんもぜひトヨタ産業技術記念館に行ってみてください!!

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中